埼玉県

【日高観光】桜の名所高麗神社のご神木ヒガンザクラでお花見


ここは、埼玉県日高市にある「高麗神社」。政治家や作家、皇室の方など国内外の著名人が多く訪れ、過去に参拝された中から4人も総理大臣が出ていることから“出世開運”で有名な神社です。

春先には、樹齢300年のご神木“ヒガンザクラ”をはじめ、ソメイヨシノ・しだれ桜と何種類もの美しい桜が境内を彩ります。地元では、春は桜、秋には紅葉の名所としても有名で、散歩がてら毎日お参りに来る方も多いのだとか。

今回は日高市の桜の名所、桜が満開の「高麗神社」をご案内します。

スポンサードリンク

桜・さくら・サクラ

駐車場のしだれ桜


「高麗神社」駐車場のしだれ桜です。広い駐車場を取り囲むように植えられています。どの木も枝垂れ具合がとても見事で、ひなあられを思わせる丸く小さい花がたくさん咲いています。

白に近いピンク色から、写真手前の濃いピンク色まであり、車を降りた途端、カラフルな桜たちが目を楽しませてくれます。

駐車場のしだれ桜・その2


駐車場から、”二ノ鳥居”に向かう途中の一枚。素人にも、良くお手入れされているのがわかります。こちらも桜のしだれ具合が見事ですね。

ところどころ、木の根元に白い杭のようなものが見えますが、それには献木者の名前が記されています。かなり著名な方も多いので、探してみるのも楽しみの一つかも。

“二ノ鳥居”と桜


桜に彩られた“二ノ鳥居”をくぐると、車両立ち入り禁止区域。やっと境内に入ります。

本殿に向かって伸びる参道には、頭上に桜のトンネル、足元にはうすピンクの絨毯が。桜の淡いピンク色と、草木の緑色のコントラストが目に鮮やかに迫ってきます。

桜散る参道を歩こう

“二ノ鳥居”をくぐったら、“御神門”に向かって参道を歩きます。 敷石はとてもきれいに手入れされていて、凹凸がほとんどないので、高齢者や車いすの方も安心。

ずっと続くさくら並木と、足元に散った花びらが旅気分を盛り上げてくれます。

参道脇のソメイヨシノ


参道の脇道に、ソメイヨシノの桜並木を見つけました。かなりの巨木ぞろいで、ここでも頭上に桜のトンネルを楽しむことができます。

頭上の桜をパシャリ。こんな感じで、桜を満喫しちゃいました。

さあ、最後はご神木です。

トリは満開のご神木


こちらがご神木のひがん桜(ヒガンザクラ)。樹齢300年以上という老木です。5メートル以上離れないと、フレームにおさまりきらない程の大きさ。参集殿前の広場でその雄大なお姿を拝むことができます。

下から見上げるもの良いですが、やっぱり少し離れて全体を眺めるのがオススメ。例年3月下旬~4月上旬に見ごろを迎え、桜色より少し濃い目のピンクの花をつけます。ぜひ、桜の時期に訪れてみてください。

地面には玉砂利が敷き詰めてあるため、車イスや足の不自由な方の移動には介助が必要です。


角度を変えて、もう一枚。こちらは3m程しか離れなかったので、全体が入りきりませんでした。
お花見気分で行っても、さすがはご神木というだけあって、神々しさを感じます。

お役立ち!『高麗神社』観光ガイド

『高麗神社』の歴史

高麗神社の主祭神は、かつて朝鮮半島北部に栄えた高句麗からの渡来人高麗王若光(こまのこきしじゃっこう)です。

若光は716年、武蔵国に新設された高麗郡の首長として当地に赴任してきました。当時の高麗郡は未開の原野でしたが、若光は1799人の高麗人(高句麗人)とともに土地の開拓に当たりました。若光の没後、高麗郡民はその徳を偲び、御霊を「高麗明神」として祀りました。

高麗神社は、若光の子孫が代々宮司を務め、現宮司は60代目になります。

そして浜口雄幸、若槻禮次郎、斉藤実、小磯国昭、幣原喜重郎、鳩山一郎らが当社参拝後相次いで総理大臣となったことから「出世明神」と広く知られるようになりました。
今では、初詣・お宮参り・七五三などを中心に、年間約40万人の参拝があります。

行事情報

4月 桜祭
5月 高麗郡建郡記念神恩感謝祭(16日)
6月 大祓式
10月 高麗神社例祭(19日)

⇊ 詳しくはホームページをチェック ⇊
http://www.komajinja.or.jp/

所要時間

・本殿参拝のみ:30分
・本殿・水天宮参拝、高麗家見学:2時間

▶オススメ時期
春:4~5月(桜・新緑)
秋:11月(紅葉)

アクセス

電車の場合
・JR川越線・高麗川駅から徒歩20分(タクシー5分)

車の場合
・圏央道「狭山・日高インターチェンジ」から20分

ナビ入力:「高麗神社」

※駐車場:100台以上可(第3駐車場まであり)。
駐車料金:無料

所在地

【高麗神社(水天宮・高麗家住宅)】

住 所 :埼玉県日高市新堀833
TEL : 042-989-1403
祈願・お祓い受付時間:8:30~17:00

周辺観光情報

★巾着田

★加藤牧場

★醤油王国
 

スポンサードリンク

ピックアップ記事

  1. ホテルと旅館の違いが深い!こんなメリットデメリットもあった
  2. 【飯能観光】ムーミンの家完全再現!テーマパーク開園前に行ってみよう
  3. 【JALどこかにマイル】申し込みから決定後の準備まで全部見せます
  4. 旅行計画の立て方教えます!今さら聞けない旅する方法
  5. 【山形観光】パワースポット山寺の拝観ルートと所要時間は?part1

関連記事

  1. 埼玉県

    【日高市観光】醤油王国の卵かけごはんが究極美味!

    日高市北部、坂戸市との境に位置する『醤油王国』。実は、ただの醤油工場じ…

  2. 埼玉県

    【日高観光】高麗神社_水天宮参拝と重要文化財高麗家住宅

    “出世開運“や”パワースポット“として有名な「高麗神社」。ここには本殿…

  3. 埼玉県

    【飯能観光】ムーミンの家完全再現!テーマパーク開園前に行ってみよう

    2018年秋、ムーミンの世界をそのまま体験できるテーマ…

  4. 国内

    【飯能観光】ムーミン谷公園完全ガイド。貴重な資料も見られます

    このとてもおしゃれな“ムーミン谷の地図”は、埼玉県飯能市にある「あけぼ…

  5. 埼玉県

    【飯能観光】ムーミン谷ってどこ?地図を見ながら童話の世界へ

    誰もが子どものころに読んだことがある童話「ムーミン」。フィンランドのと…

  6. 国内

    【日高観光】超強力パワースポット高麗神社で猫と出世祈願

    ここは埼玉県日高市にある『高麗神社』。数々の著名人や歴代の総理大臣…

  1. 埼玉県

    【日高観光】高麗神社_水天宮参拝と重要文化財高麗家住宅
  2. 埼玉県

    【日高観光】曼珠沙華(ヒガンバナ)の名所、秋の巾着田へ行こう!
  3. 山形

    【山形観光】パワースポット山寺の拝観ルートと所要時間は?part2
  4. 国内

    【どこかにマイル】宮崎県観光!日帰りでも大満足の弾丸旅行ご紹介
  5. 埼玉県

    【飯能観光】ムーミン谷ってどこ?地図を見ながら童話の世界へ
PAGE TOP