埼玉県

【飯能観光】ムーミン谷ってどこ?地図を見ながら童話の世界へ


誰もが子どものころに読んだことがある童話「ムーミン」。フィンランドのとある谷に住む、個性豊かな妖精たちの日常を描いた作品です。

実はムーミン谷が、埼玉県飯能市に実在するんです。それがこちら、「あけぼの子どもの森公園」
もともとは、自然を生かして子供向けに作られた公園なのですが、ムーミンの家や水浴び小屋、トーベ・ヤンソン資料館などがあり、そのクオリティの高さに訪れる大人ムーミンファンも多数。

ムーミンテーマパークの開園まで待てないという方、ぜひ足を運んでみてください。
行く価値アリです!!

スポンサードリンク

ムーミンの世界に浸ろう!

『ムーミン谷』ってこんなトコ

moomindani-12

とにかく、スゴイ!の一言に尽きます。山一つを使って、ムーミンの世界に浸れるよう、こだわって作られています!

この地図を元に、ムーミン谷をご案内します。

「水浴び小屋」

moomindani-11

かわいい水色に塗られた「水浴び小屋」です。池の真ん中に建っています。
晴れの日には、周囲の木々の緑色と小屋の水色が水面に映り、何とも幻想的な光景です。

きっと原作に出てくる“ムーミンパパが作った、海へ続く道の先にある「水浴び小屋」”がモデルなのでしょう。

moomindani-10

橋を渡って、小屋へお邪魔しま~す。
小屋の中は、大人が4人も入れば窮屈なほどの狭さ。小窓から見える水面は、光を反射して眩しいほどキラキラと光っていました。

不思議な「フローフォルム」

moomindani-9

このドーナツ状の不思議な形の石細工・・「フローフォルム」と呼ばれています。
たきぎ小屋のすぐ横、小高い丘の上にあり、階段状に水が流れています。

moomindani-8

その流れがどこへ向かっているかというと・・「水浴び小屋」でした。夏場には、池の水位がかなり高くなるそうです。
お子ちゃまが好きそうな場所ですが、残念ながら立ち入り禁止です。

ハイクオリティな「ムーミン屋敷」

moomindani-7

この公園のシンボル「ムーミン屋敷」です。
森の中にニュッと生えているキノコのような家が、とっても可愛い。

ムーミン屋敷については、こちらで詳しくレポしています。

家の裏山にあるアレは何?

moomindani-6

ムーミン屋敷の裏山に怪しげな物体を発見!
サツマイモみたいな巨大な芋虫のようなアレは何?地図で確認すると「見晴らし橋」
えっ?あれが橋?早速、確認しに行きました。すると・・

moomindani-5

この通り、トンネル状の橋になっていました。

「デッキウォーク」を上って裏山散策

moomindani-4

裏山をのんびり散策することにしました。
「見晴らし橋」から「デッキウォーク」へと向かいます。
「デッキウォーク」は木材をふんだんに使用した階段状のデッキで、かなり長く急です。お子さんが転ばないように注意して下さいね。

moomindani-3

途中からでも、こんなにいい景色が楽しめます。
「ムーミン屋敷」の周りにいる人たちが、指人形位の大きさに見えます。まるで、ジオラマを見ているようです。

疲れたらニョロニョロで一休み!?

moomindani-2

か、かわいい~!!ニョロニョロに座れる日が来るなんて、思ってもみませんでした。
でも、座り心地は・・イマイチ。
ベンチとしての機能より、ムーミンの世界を大切にしたようです。

moomindani-1

「ムーミン屋敷」の周りにはこんなベンチも。
このシルエットは、一体誰なのでしょうか?考えているだけで、楽しくなります。

お役立ち!『ムーミン谷』観光ガイド

『ムーミン谷』お勧めコース

① まずは、この公園のシンボル「ムーミン屋敷」へ。原作の雰囲気を存分に味わうことができます。

② そして、屋敷の周りを散策。裏山にも上ってみましょう。
お弁当を持参して、ピクニック気分でお昼ごはんを食べてはいかが?休憩場所はふんだんにあります。

③ 最後は、資料館&イベント広場へ。 小さなお子さんも絵本を読んだり、昔遊びをしたりと大満足。

資料館とイベント広場については、ムーミン谷公園のレポに詳しく載っています

イベント情報

  • 絵本読み聞かせ
  • 小コンサート
  • 木材を使った工作
  • かるた遊び
    などの子供向けイベントを不定期で行っているようです。

所要時間

  • 見学のみ:1時間
  • 見学・体験・イベント参加:半日~1日

オススメ時期

通年(※月曜日・年末年始休みあり)

オススメ旅人←小見出し

  • 1人旅
  • 女子旅
  • カップル
  • ファミリー

ライター´s eye

家族・グループでの観光なら、お弁当持参がオススメ。自然を満喫しながらのご飯は最高です。ベンチもありますが、数が少ないためレジャーシートをお忘れなく。水場が多いため、お子さん連れならタオル&着替えも必要。

交通の便が良くないため、交通手段は車が良いですね。

アクセス

電車の場合
・西武池袋線 元加治駅下車 徒歩20分

車の場合

・圏央道狭山日高インターより約20分

ナビ入力:飯能市「阿須運動公園」
※駐車100台以上可。駐車料金・無料

【あけぼの子どもの森公園】
〒357-0046 埼玉県飯能市大字阿須893番地の1
TEL: 042-972-7711

 

スポンサードリンク

ピックアップ記事

  1. 【飯能観光】ムーミンの家完全再現!テーマパーク開園前に行ってみよう
  2. 旅行計画の立て方教えます!今さら聞けない旅する方法
  3. 【日高市観光】醤油王国の卵かけごはんが究極美味!
  4. 【JALどこかにマイル】申し込みから決定後の準備まで全部見せます
  5. ホテルと旅館の違いが深い!こんなメリットデメリットもあった

関連記事

  1. 埼玉県

    【飯能観光】ムーミンの家完全再現!テーマパーク開園前に行ってみよう

    2018年秋、ムーミンの世界をそのまま体験できるテーマ…

  2. 埼玉県

    【日高観光】桜の名所高麗神社のご神木ヒガンザクラでお花見

    ここは、埼玉県日高市にある「高麗神社」。政治家や作家、皇室の方など国内…

  3. 国内

    【飯能観光】ムーミン谷公園完全ガイド。貴重な資料も見られます

    このとてもおしゃれな“ムーミン谷の地図”は、埼玉県飯能市にある「あけぼ…

  4. 国内

    【日高観光】超強力パワースポット高麗神社で猫と出世祈願

    ここは埼玉県日高市にある『高麗神社』。数々の著名人や歴代の総理大臣…

  5. 国内

    【日高観光】菜の花畑を歩こう!春の巾着田で桜並木も一緒に満喫

    巾着田のある日高市は埼玉県のほぼ中央に位置し、人口およそ57000人。…

  6. 埼玉県

    【日高市観光】醤油王国の卵かけごはんが究極美味!

    日高市北部、坂戸市との境に位置する『醤油王国』。実は、ただの醤油工場じ…

  1. 旅の準備

    旅行計画の立て方教えます!今さら聞けない旅する方法
  2. 国内

    【どこかにマイル】宮崎県観光!日帰りでも大満足の弾丸旅行ご紹介
  3. 埼玉県

    【日高観光】桜の名所高麗神社のご神木ヒガンザクラでお花見
  4. 国内

    【日高観光】超強力パワースポット高麗神社で猫と出世祈願
  5. 国内

    【飯能観光】ムーミン谷公園完全ガイド。貴重な資料も見られます
PAGE TOP