国内

【日高観光】菜の花畑を歩こう!春の巾着田で桜並木も一緒に満喫


スポンサードリンク

巾着田のある日高市は埼玉県のほぼ中央に位置し、人口およそ57000人。豊かな自然に囲まれた市です。電車・車ともに1時間程度で都内へアクセスできるため、近年ではベッドタウンとして人気。人口も増加中です。

どこまでも続く菜の花畑に、100本もの桜並木の中をのんびりと散歩してみませんか?
さあ、春の「巾着田」へ出かけましょう。

スポンサードリンク

春の巾着田へ行こう!

「巾着田」入口

kintyakudananohana1
「巾着田」入口です。
この日は、天気がイマイチだったため車で行ったのですが、曇り空を吹き飛ばすような、満開の桜と、辺り一面の菜の花が迎えてくれました。
菜の花畑を囲むように、桜並木が続いています。

駐車場は「巾着田」のすぐ横にあり、菜の花畑に降りるためのスロープも用意されているため、高齢者や車いすの方でも気軽にお出かけすることができます。

「巾着田」から見た日和田山

kintyakudananohna2
この季節「巾着田」では、どこを向いても菜の花だらけ。黄色のジュータンがあなたを出迎えてくれます。
4月の中旬には「菜の花祭り」も開催され、大勢の観光客で賑わいます。地元の名物「高麗鍋」が味わえるグルメコーナーもあります。イベント情報をチェックして、出かけましょう。

右奥に見えるのは「日和田山(標高305m)」。歩道も整備されており、小学生でも1~2時間で登れることから、人気のハイキングスポットです。
山頂からは「巾着田」もよく見えます。

「巾着田」のアイドル

kintyakudauma
「巾着田」の中には小さな牧場があり、このポニーちゃんをはじめ、何頭かの馬を見ることができます。
この日出会ったポニーちゃんはとても人懐っこく、小さな子供が近づいてもおとなしくさわらせていました。

秋には……

kintyakudagate
秋のヒガンバナのシーズンには、およそ20万人が訪れるという「曼珠沙華公園」です。
春は、桜と緑のコラボレーションが美しい。
公園の先には広い河原があって、「ドレミファ橋」という変わった名前の木製の橋が架かっています。

ちょっと一足

komagokominka
「巾着田」入口の目の前に、ちょっと目を引く家があります。
有形文化財の「高麗郷古民家」です。江戸時代から明治時代初期にかけて建てられた、重厚な母屋・客殿・土蔵が立ち並んでおり、庭には季節の花々が咲いています。
無料ですので、時間があったら立ち寄ってみるのもいいですね。

お役立ち!「巾着田」観光ガイド

「巾着田」の由来は?

日高市内を流れる高麗川(こまがわ)の蛇行により長い年月をかけてつくられ、上空から見た形が巾着袋に似ていることから、「巾着田(きんちゃくだ)」と呼ばれるようになりました。
高麗川に囲まれたその平地面積は、なんと22ヘクタールもあります。

「巾着田」の楽しみ方(春夏編)

菜の花、コスモス、イチリンソウ、紫陽花など、鮮やかな色の花を楽しめます。秋のヒガンバナ(曼珠沙華)が有名ですが、春先の菜の花と満開の桜のコラボレーションも圧巻!桜並木の下や菜の花畑でお弁当を楽しむこともできます。

また、すぐ横の広い河原は、キャンプ・バーベキューを楽しむ人たちであふれ返ります(一部禁止期間あり)。入場料・使用料はかからず、駐車料金(500円)だけで利用することができるので、主婦には嬉しいですね。
トイレ・駐車場も近くにあり、河原には浅瀬が多いので、小さな子供連れでも安心して利用できます。

イベント情報

  • 4月中旬の土日:菜の花祭り
  • 8月下旬の日曜:子ども金魚すくい大会

 

所要時間

  • 花散歩のみ:2~3時間
  • バーベキュー:1日

オススメ時期

3月~10月

オススメ旅人

  • 1人旅
  • 女子旅
  • カップル
  • ファミリー

ライター´sチェック

近くに山があるため、通り雨が降ることもしばしば。携帯用の傘と防寒具を持っていくと安心。
道は整備されているものの、土や砂利が多いので、基本的にはハイキングルックで出かけましょう。

アクセス

電車の場合

  • 西武池袋線高麗(こま)駅下車徒歩約15分
  • JR川越線・八高線高麗川(こまがわ)駅下車徒歩約40分
    (「巾着田」行バスあり。駅前ロータリーより発着。)
  • 西武池袋線飯能駅から国際興業バス、高麗川駅行・埼玉医大国際医療センター行に乗り「巾着田」下車徒歩約3分

車の場合

  • 関越自動車道「鶴ヶ島」I.Cから14Km
  • 圏央道「圏央鶴ヶ島」I.Cから11Km
  • 圏央道「狭山日高」I.Cから8Km
    ナビ入力:日高市高麗本郷「巾着田」 ※駐車料金500円

 

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク

ピックアップ記事

  1. 【日高市観光】醤油王国の卵かけごはんが究極美味!
  2. 【飯能観光】ムーミンの家完全再現!テーマパーク開園前に行ってみよう
  3. 【山形観光】パワースポット山寺の拝観ルートと所要時間は?part1
  4. ホテルと旅館の違いが深い!こんなメリットデメリットもあった
  5. 旅行計画の立て方教えます!今さら聞けない旅する方法

関連記事

  1. 埼玉県

    【飯能観光】ムーミンの家完全再現!テーマパーク開園前に行ってみよう

    2018年秋、ムーミンの世界をそのまま体験できるテーマ…

  2. 埼玉県

    【日高観光】高麗神社_水天宮参拝と重要文化財高麗家住宅

    “出世開運“や”パワースポット“として有名な「高麗神社」。ここには本殿…

  3. 埼玉県

    【日高観光】桜の名所高麗神社のご神木ヒガンザクラでお花見

    ここは、埼玉県日高市にある「高麗神社」。政治家や作家、皇室の方など国内…

  4. 国内

    【飯能観光】ムーミン谷公園完全ガイド。貴重な資料も見られます

    このとてもおしゃれな“ムーミン谷の地図”は、埼玉県飯能市にある「あけぼ…

  5. 国内

    【JALどこかにマイル】申し込みから決定後の準備まで全部見せます

    あなたはJALの人気特典『どこかにマイル』をご存知だろうか。 たっ…

  6. 埼玉県

    【日高観光】曼珠沙華(ヒガンバナ)の名所、秋の巾着田へ行こう!

    あなたは、辺り一面を埋め尽くすほどの、真っ赤な曼珠沙華(ヒガンバナ)を…

  1. 国内

    【JALどこかにマイル】日帰りでこんなに回れた!宮崎県パワスポ旅
  2. 国内

    【日高観光】超強力パワースポット高麗神社で猫と出世祈願
  3. 埼玉県

    【飯能観光】ムーミンの家完全再現!テーマパーク開園前に行ってみよう
  4. 国内

    【飯能観光】ムーミン谷公園完全ガイド。貴重な資料も見られます
  5. 旅の準備

    ホテルと旅館の違いが深い!こんなメリットデメリットもあった
PAGE TOP